関連
サイト

MENU

contents

御朱印巡り1か所目 【京都府 壬生寺(みぶでら)】

御朱印巡り1か所目 【京都府 壬生寺(みぶでら)】 |

いつもミヤケンオーナーズをご覧いただき、ありがとうございます。
ミヤケンマーケティング課の砂山(すなやま)です。
これから皆様が楽しめるコンテンツや情報を配信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

そこで最初のお楽しみ情報配信として、オーナーズ様の皆様から「御朱印&エピソード」を募集しております!
最近ではコロナウィルスの関係で、今までのように外出もままならない中、お家で過ごす時間が多くなりましたよね。
緊急事態宣言が解除されたものの、外出しても県内の近場だけという方も多いかと思います。
そこで、今回はお家にいても群馬県内にいてもオーナーズの皆様に楽しんでいただけるよう、募集・紹介の企画をいたしました!
「私の御朱印も紹介して!」「こんな所に行って、こういう事があったんだよ」などありましたら是非お聞かせください(*^-^*)
趣味や好きなものなど共有し合えて、おうち時間も楽しくなるかもしれませんね♪
募集に関してはこの記事の最後のページに記載してありますので、これから紹介する御朱印を最後まで読んでご応募していただけると幸いです!

さてさて、私が今回ご紹介するのは、京都府にある、「壬生寺(みぶでら)」の御朱印です✨
壬生と聞いたら、歴史好きの方はもう分かりますよね!
そうです!新選組が結成された地です!新選組ファンなら誰しもが必ず訪れたい聖地ですね。
実は私、日本の歴史が大好きでして、長期休みには神社やお寺・お城巡りなどしています♪
この記事を読んで、歴史好きの方がいらっしゃれば、「あ!私も歴史好きです!」と思っていただけると嬉しいです!
一日近く、一緒にお話しできる自信があります(笑)
私も京都へは中学の修学旅行と社会人になって旅行と2回しか行ったことがないので、熱くは言えないのですが、2回の旅行で最初に必ず訪れていました(笑)

そんな壬生寺の御朱印がこちら!

▼壬生寺の御朱印
本尊(ほんぞん)と言って、寺院の本堂に安置されて信仰の対象としても最も尊重されている中心的な仏像がある「地蔵尊」の御朱印です。
簡単に言うと壬生寺のメインの御朱印と言った方がよろしいでしょうか…。
個人的に「尊」のハネのところが好きです…!
御朱印を書いて下さる方によって、書き方が違うので、世界に一つだけのものって感じがしていいですよね!

こちらが壬生寺の正面です(*^-^*)

▼壬生寺 京都十二薬師霊場
壬生寺の境内にある、京都十二薬師霊場の一つであり、厄除けの開運の寺として信仰を集めて来たそうです!
現地で私が実際に受けた説明ですと、この歯薬師(はやくし)の意味は、仏の微笑みが「は、は、は」と笑っているかのように見えるからと言われ、
歯の病になりにくいとご利益があるそうです!
今でも難しいですが、当時の私はさらに何が何だかちんぷんかんぷんだったかと思います(笑)
ずっと「ほう…ほう…なるほど」しか言ってなかった記憶がありますが、虫歯にならない!ということだけは、はっきり覚えています。

▼壬生寺 洛陽三十三観音(らくようさんじゅうさんしょかんのんれいじょう)
こちらも壬生寺の境内にある、洛陽三十三観音の28番の霊場です。
個人的に、壬生の中ではこの御朱印が好きです(*^-^*)力強さを感じます….!!✨
かっこいいですね…ほんとに…。
最後にここを参拝して御朱印を頂いたのですが、当時空腹に耐えきれず説明を受けずに甘味屋に駆け込んだ記憶があります…。

こんな形で壬生寺に訪れると、3つの御朱印を頂く事ができます。
ただ、最近では参拝はせず、御朱印だけ目当てで来る方もいらっしゃいます。
御朱印は、あくまでも「参拝しました」という証であることになりますので、マナーとして参拝をしてから御朱印をいただくようにしましょう!

そしてここからおまけになりますが、壬生寺を訪れた際には、ぜひ寄ってほしいのが甘味処があります。
それが、八木家の右手前にある、「鶴屋」という、私が空腹で耐え切れず駆け込んだお店です(笑)(※右側のお店です)

肝心のお菓子の写真を撮っていませんでした…。
この鶴屋の名物といえば「京ちゃふれ」という宇治抹茶の生地に抹茶チョコを挟んだサブレみたいなものが有名です!

すごくしっとりしていて、抹茶好きの方にはぜひ召し上がっていただきたいお菓子です!✨
当時は店内でも買って食べることが出来て、無料でお茶も出してくれました!

御朱印から話がずれてしまっていますが、最後にここだけお話させてください…(笑)
鶴屋の奥にある新選組の弾幕と、「誠」の旗がある場所が、「八木家」です。

この八木家は壬生の郷土の家でもあり、当時新選組が屯所(本拠地)としていた場所で、隊士たちはここで寝起きをしていたらしいです!
門より先は写真撮影が禁止なので、写真はここまでですが、八木家は新選組の発祥の地としても知られていて、
新選組とゆかりのある芹沢鴨(せりざわ かも)が暗殺された時の刀傷なども残っています!
八木家のガイド付きのツアーもあり、私は当時ガイド付きのツアーで中をまわりました!
当時の様子がそのまま残っているので、詳しい説明を聞きながらまわると、自分自身も引き込まれていく感じになるので、ツアー付きでまわる事を私はオススメします!

少し長くなってしまいましたが、以上が私の御朱印&エピソードになります!
この御朱印を見ると分かると思いますが、参拝した年月日は「平成28年8月13日」です!
今から約4年前…。月日が流れるのは早いですね…。

現在、緊急事態宣言が解除されたものの、感染拡大防止のため、外出もなるべく控えるようにしていますので、
今はあちこち行ったりすることが出来ませんが、完全に終息したら、またいろいろなところを巡っていきたいなと思っています!

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
冒頭でも少しお話させていただきましたが、この記事を読んで、「私の御朱印も紹介して!」「こんな所に行って、こういう事があったんだ」などありましたら是非お聞かせください(*^-^*)
紹介してくださる方は、下記の応募要項を参照ください♪

【私の御朱印&エピソード紹介します 応募要項】

①お名前(フルネーム)※お客様のイニシャルで公開させていただきます。
②お電話番号
③御朱印や訪れたときのエピソード写真
④御朱印・エピソードの説明(なるべく詳しく教えていただけますと幸いです!)
以上の4項目を添えて、
・ミヤケンオーナーズLINE(トーク画面からのご応募)
よりご応募ください(*^-^*)

それでは皆様のご応募お待ちしております!✨

TOP